はじめに

このラーニングパスは、InnerSourceの紹介にあたるものです。 InnerSourceは、企業内のソフトウェア開発にオープンソースの実践と原則を適用したものです。 InnerSourceソフトウェアは、会社としてはプロプライエタリなものとなりますが、内部にはオープンで、誰もが利用したり貢献したりできるようになります。 この方法は、広範かつ効果的なコラボレーション、内部の多くのステークホルダーからの変化する要求に、迅速かつ軽快に対応することを可能とします。

このラーニングパスでは、InnerSourceを適用する良い候補となる状況を、どのように認識するかについて学びます。 私たちは、これらの状況でどのようにInnerSourceが活用できるか概略を示します。 それにより、あなたはInnerSourceについて議論する際の共通用語に詳しくなるでしょう。 私たちはまた、InnsrSourceの基礎となる主要な原則と、それが効果的に適用された時に得られる効果を列挙します。

Contributors