Learning Path - Trusted Committer

Trusted Committerの役割の紹介

Trusted Committer(TC)の役割は、InnerSourceコミュニティにおける重要な役割の1つです。 Trusted Committerは、重要な技術的決定や、最終的にコントリビューションをゴールまで導くためにコントリビューターのメンタリングを行う、あなたが信頼するコミュニティの人々だと考えてください。 Trusted Committerの役割は、要求が厳しくやりがいがあるものです。 それは単なる独断的なゲートキーパー以上のもので、あらゆるInnerSourceコミュニティの成功に役立ちます。 一般的に、Trusted Committerの役割は、権限ではなく責任によって定義されます。 非常に高いレベルでは、Trusted Committer達はInnerSourceコミュニティと、コミュニティが構築している製品の両方の利益を代表しています。 彼らはコミュニティと製品の両方の健全性に関心があります。 したがって、Trusted Committerとしては、技術指向とコミュニティ指向の両方の責任があります。 次のセクションでは、これらの両方の側面について説明します。

Learn
製品品質の確保

製品品質の確保

まず、Trusted Committerの役割に最もよく関連する責任、製品の品質を確保することから始めましょう。 InnerSourceのコミュニティでTrusted Committerたちは、すべての技術関連の意思決定、特に製品品質に関する意思決定の 権利を持っています 。 権利を持つということは、適切な決定が確実に実行されるようにする必要があるということを意味します。 これには、コミュニティ内外で意思疎通を図り、必要に応じてこれらの決定を支持することが含まれます。 しかし、Trusted Committerは、必ずしも技術関連の決定をすべて自分で行ったり、それを実装するためのすべての作業を行うわけではありません。 Trusted Committer の仕事は、彼らのコミュニティの品質基準を伝え、明確にし、 コントリビューター が理解でき、実行可能な形にそれらを策定することです。 これにはもちろん書面による文書も含まれますが、Trusted Committer がこれらの品質基準を伝える最も効果的な方法は、例示によるものです。 私たちは、InnerSourceコミュニティが開発をまとめる方法だけでなく、彼らが作成するソフトウェアの品質においても、従来のソフトウェア開発プロジェクトと差別化を図ることは価値ある目標であると考えています。 ソフトウェア品質の高さは、InnerSourceコミュニティのユーザとその管理者の信頼を確立し維持するために不可欠なものです。 私たちは皆、1つの悪いリリースが、この信頼を一瞬にして打ち砕いてしまうことを知っています。

Learn
コミュニティの健全性維持

コミュニティの健全性維持

本章の導入で Trusted Committer には技術指向とコミュニティ指向の両方の責任があることを指摘しました。 それは、コードとコードの健全性だけに注目するだけでは不十分だということです。 長期的な成功を確実にするために、Trusted Committerはソフトウェアを構築するコミュニティの健全性維持にも努めるべきです。 そのためには、製品の品質を確保することと健全なコミュニティを育てることの間で、バランスを取る必要があります。 健全なコミュニティとはどのようなものでしょうか? 簡単に言うと、健全なコミュニティでは、 コントリビューター はソフトウェア開発にほとんどの時間を費やすことができ、能力を高めることができます。 その結果、健全なコミュニティは、継続して成長することになります。 なぜ、 コントリビューター はコミュニティに参加して留まるのでしょうか? コミュニティの目的や使命に賛同しているため、そうする人達がいます。 この目的を明確にして推進することが、Trusted Committer の仕事です。 この重要性は、認識されていないことが多いが、コミュニティとそのプロダクトをマーケティングすることは本当に重要です。

Learn