Join us on Tuesday, August 13th, at 5pm BST / 6pm CEST / 11am CDT / 9am PDT when three of our InnerSource Commons Foundation members, Addie Girouard , from Thirdman Agency, Brittany Istenes, from Fannie Mae, and Chan Voong, from Comcast, will host a call on The A,B,Cs of InnerSource.

中間管理職でいることの難しさ

まずは、プロダクトオーナーや中間管理職の人に話を聞いてみることから始めましょう。 ツライですね、統計からもわかります。 Googleで"中間管理職"と検索してみても、ほとんどの結果はそれが如何に大変かについてです。

これが統計情報になります。 中間管理職の皆さんは、上司や部下よりもうつ病や不安を抱えている割合が高いです。 半数以上が常に不安を感じていると言うことです。 Harvard Business Reviewが32万人以上の従業員を対象に実施した調査によると、中間管理職の仕事の満足度は下位5%だということが明らかになりました。痛い!

私が見つけた共通の不満を意訳すると、中間管理職は上層部のビジョン作成には関わらず、責任を取らされることがよくあります。 リーダーシップ能力を必要とする人にとって、これほどモチベーションが下がるものを思いつきません。

いくつかの調査を読んでわかった不満のトップ5は、次の通りです。

  • 最初は、混沌と機能不全に陥ったプロダクトチームを引き継ぐことです。

  • 2番目は、柔軟性がなく、創造性を発揮する余地がほとんどないことです。多くの場合、これには明確な道筋が含まれていません。

  • 3番目、そして私が個人的に一番取り組まなければならないこととして、政治と内紛に対処することのストレスがあります。

  • 4番目は、中間管理職が仕事に対してほとんど信用を得られないことです。これは、単に業績だけではありません。上位の管理職は、次に何を行うかにだけフォーカスしており、実現不可能な期限を選んだり、目標を変更した事実を無視することが良くあります。したがって、完全に信用の問題になっているようです。

  • そして最後に5番目、ほとんどの人は真のリーダーになる自由を持つのではなく、記録係や執行官のように感じています。

合っていますか?同意いただけますか?忘れている事があれば、下のコメントで知らせてください。

こうした不満が、私がInnerSourceに取り組むことにした理由です。なぜなら中間管理職として、私も同じ立場だったからです。 それでは、InnerSourceがこれらの問題解決にどのように役立つかについて、もう少しお話しましょう。

Contributors