Learning Path - Contributor

はじめに

InnerSourceのコントリビューター あなたは、あなたの依存する機能を他チームがシステムに追加をする時間が無いために、次のコーディングタスクをブロックされたことはありませんか? もしかすると、しばらくしてから、その不足している機能を補うために、あなたのプロジェクトで余計な作業をしなければならなかったかも知れません。 このような形で全くブロックされないことは、どんなに素晴らしいことでしょうか? InnerSourceの原則を組み込んだプロジェクトでは、必要な機能を他のチームが提供するのを待ってブロックされることは決してありません。 もし必要なものが得られないなら、InnerSourceコントリビューターとして行動し、他チームのコードリポジトリに直接あなたが必要な変更を行うことかできます。 コントリビューターの役割は、InnerSourceコミュニティプロジェクトのリポジトリに貢献する人と表されます。 この人はコミュニティの一部の人であるかも知れないし、そうでないかも知れません。 しかし、かなりの数の人にとってコントリビューターとは、単にコミュニティについて知るだけのことから、コミュニティのプロダクトを使用し、コミュニティのメンバーと対話し、そして最終的に貢献を始めることができるという旅のようなものです。 最終的に、そのうち何人かは Trusted Committer (トラステッドコミッター) になるかも知れません。

Learn
InnerSourceコントリビューターになる

InnerSourceコントリビューターになる

InnerSourceのコントリビューターは、通常のチームの境界外で活動し、組織のサイロを横断するリンクになります。 そのため、彼らはこの作業をより効果あるものにするための、いくつかの共通の方法を意識する必要があります。 マインドセットの共有 それでは - あなたはチームの製品に、新しい機能を実装しています。 この機能を動作させるためには、いくつかの機能が必要です。 実装に直ぐに取り掛かる代わりに、少し落ち着いて考えます:この機能は一般的な課題なのだろうか? それは、あなたの組織の他のチームが共有するビジネスドメインで同じように直面しているものなのか? この機能は、あなたのプロジェクトのドメインと直交するものなのか? もし当てはまる場合、自分のチームを超えて見渡して:あなたのニーズにフィットするために利用したり改善できる共通のソリューションがあるのか? あるべきなのか? ソリューションを共有するメリット アフリカには、 “早く行きたいなら一人で行きなさい。遠くに行きたいなら一緒に行きなさい” という諺があります。これは、ソフトウェア開発チームにも同じです。

Learn
コントリビューターの心構え

コントリビューターの心構え

前のセグメントでは、あなたがコンポーネントを再利用してコントリビュータとして活動するようになるかの理由を説明しました。 この記事では、ホストチームのコードベースにあなたの変更をうまく提供する方法のベストプラクティスを共有します。 ホストチームに貢献しようとしているInnerSouceのコントリビュータは、基本的には彼らの家のゲストです。 一般的に、良いゲストは決められた方法で行動することが期待されています。 ドアをノックする ハウスルールを予測して従う 家のオーナーではないことを理解し、それに応じた行動をする

Learn
コントリビューションの仕組み

コントリビューションの仕組み

他のチームのプロジェクト/リポジトリに貢献を始める準備はできていますか? マネージメント層へのエスカレーションではなく、コラボレーションでブロッカーを減らすことを楽しみにしていますか? このセクションでは、InnerSourceに貢献する際に覚えておくべき落とし穴に焦点を当て、実践的なアドバイスを提供します。 これにより、あなたとホストチームが可能な限り快適な経験をすることを可能とし、より多くのコントリビューションと素晴らしいコラボレーションをするための基礎を築きます。 この記事は、あなたがおそらく経験する次の3つのステップに分かれています。 コントリビューションの機会を求め、それに取り組む準備をする 実際にコントリビューションするものを作成する ギフトをキレイにして包み、ホストチームに提供する

Learn
InnerSourceのコントリビュータになるメリット

InnerSourceのコントリビュータになるメリット

コントリビュータはInnerSourceプロジェクトの生命線です。 InnerSourceプロジェクトとして実行されるすべてのプロジェクトには、開発チームを当初の創設者の枠を超えて拡大し、そのプロジェクトのユーザー(時に企業では顧客とも呼ばれる)間でさらなる協力者の可能性を利用するという見込みと究極の目標の両方があります。 しかし、個々の開発者がマネージャの指示を受けていないプロジェクトに対して時間を費やす動機は何でしょうか? マネージャが、開発者に対して100%自分の管理下にないプロジェクトの改善に時間を作る動機となるものは何でしょうか? 個人の動機 最も自明な動機は、初期のコントリビューターをオープンソースに引き込むことです。 あなたが長い間回避してきた迷惑なバグを覚えていますか? これらの回避策のメンテナンスに費やす時間とエネルギーは? アップストリームチームが将来その問題を修正するのを待たずに、先に自分で問題を修正できるとしたらどうでしょうか? この「自分の手で問題を解決する」状況が初めてのコントリビュータは、自分のコードベースの回避策の数を減らすために、日々の作業に依存するプロジェクトの問題を修正することから始めることがよくあります。 独自の回避策を維持するのではなく、修正を作成してコントリビューションするかどうかを決めるときには、そのコントリビューションが独自の変更の品質にもたらすメリットについて考えてください。 単独で作業する代わりに、アップストリームプロジェクトで作業する人は、あなたのソリューションをレビューするだけでなく改善することもできます。 サポートと指導を受けることで、開発作業が大幅にスピードアップします。

Learn
おわりに

おわりに

InnerSourceラーニングパス、コントリビュータセグメントをご覧いただきありがとうございます。 このセクションでは、InnerSourceプロジェクトの生命線となる、コントリビュータの役割について学びました。 コントリビュータは、コンポーネント所有者の外側にあり、プロジェクトに追加の貴重な情報をもたらします。 このセクションでは、コントリビューションする機会を見つけてコントリビュータになる方法について学びました。 そのような機会を見つけたり作ったりするのに必要な考え方や習慣について見直しました。 また、その役割の心構えと、コントリビューションを成功に導く可能性のあるアプローチについても説明しました。 正しい考え方や、習慣、心構えをしていても、コントリビューションの成功を妨げるものがいくつかあります。そのため、それらの要点について、詳細を説明しました。 最後に、あなたのチームメイトや組織のさまざまなレベルを説得することが難しい場合があるため、このプロセスを簡単にするために、さまざまな観点からコントリビューションのメリットを詳細に説明しました。 あなたが記事を読んだりビデオを見たりすることを楽しみ、InnerSourceと良いコントリビュータになることに向けた旅のために、興味深く新しい洞察をいくつか得ることができることを願っています。 もし、まだそうしていない場合は、InnerSourceラーニングパス( http://innersourcecommons.

Learn